• ぷぺぽ編集長

友人たちの存在

私にはママ生活に光を照らしてくれた友人たちがいます。


結婚を機に日進にきて友達のいない生活を送っていた私にとって

彼女たちは出会った時から今まで、ずっと私を支えてくれています。



出会いは長女がまだ4か月だった頃に参加した、ベビーマッサージの教室。

月齢の近い赤ちゃんを抱えた私たちが仲良くなるのに時間は必要ありませんでした。


半年ほどの教室が終わった後も、誕生日会を開いたり動物園に遊びに行ったり。

育児の悩みを相談しあいながら、母として一緒に成長してきたママ友たちは

いつしかママ友ではなく友人となっていました。


話を聞いてほしいとき、思いっきり愚痴りたいとき、うれしいことがあったとき

こどもたちにトラブルがあったとき…

集合をかければ必ず誰かが来てくれる。

これほど心強いことはありません。



第一子が赤ちゃんのころに出会った私たちは

第二子、第三子と出産した子も多く、大家族となりました。





そんな心強い友人たちがいて、今の私があり、ぷぺぽがあります。


次回はいよいよ?ぷぺぽ誕生秘話です!お楽しみに♡


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぷぺぽ誕生秘話 発行編

そんなこんなでようやくぷぺぽ創刊号が完成しました。 発行部数はわずか500冊。 これでも勇気がいりました。 そんなに見てくれるひとがいるだろうか… 広告を出してくれたクライアントさんや友人たちに完成した冊子を見せると みんな一様に「思ったよりちゃんとしてる」と言っていました(笑) そう、みんなそんなちゃんと冊子になってると思っていなかったのです。 もっとペラペラだと思っていたようで、いい意味で裏切

ぷぺぽ誕生秘話 営業編

フリーマガジンは何で収益を得るかというと、広告です。 紙面に広告を出す代わりに広告費をいただくのです。 創刊号は自費で印刷するつもりでしたが、 次回以降広告をいただこうと思うと、創刊号にも広告を載せて 広告はこんな感じですよというイメージを持ってもらわなければなりません。 そこで、大の苦手である営業をしなければならないことに。 でも待てよ。 まだ創刊もしていない、名もないいち主婦が作ると言っている

ぷぺぽ誕生秘話 LINE編

フリーマガジンを作ると決めたものの、周囲になかなか言い出せずにいました。 でも、情報発信していこうとしてるんだからそんなんじゃだめだ! と意を決して周囲のママたちに告知することにしました。 まずはLINE@(現在の公式LINE)のアカウントを作成し、 それを登録してもらうことに。 はがきサイズのPOPを作り、みんなに配りながら説明しました。 (ぷぺぽの公式ラインよかったら登録してね) フリーマガジ