• ぷぺぽ編集長

ぷぺぽ誕生秘話 営業編

フリーマガジンは何で収益を得るかというと、広告です。

紙面に広告を出す代わりに広告費をいただくのです。


創刊号は自費で印刷するつもりでしたが、

次回以降広告をいただこうと思うと、創刊号にも広告を載せて

広告はこんな感じですよというイメージを持ってもらわなければなりません。


そこで、大の苦手である営業をしなければならないことに。


でも待てよ。

まだ創刊もしていない、名もないいち主婦が作ると言っているフリーマガジンを誰が信用するのだろうか…


絶望…


でもやるしかありません。

名刺を作り、8ページの見本誌をカラーコピーで制作しました。

それを持っていざ飛び込み!!


飛び込みは勇気がいるんです。

新卒で就職した会社では鬼のように飛び込み営業をさせられトラウマになっていたので

足がすくむのをぐっと堪えて、飛び込みました。


初めて飛び込んだところは、アポもなく突然やってきた私の話を座ってじっくり聞いてくださいました。

まさか座って話ができるなんて思ってもいなかったので、逆に焦る。


創刊号は広告を載せることが目的であって利益を得るつもりはなかったので

破格の設定でした。


見本誌を見せながら説明したところ、じゃあ1ページ出してみようかな。とその場であっさり。


びっくりしたな~

ほんとにびっくりした。


車で興奮を抑えきれず、舞い上がりながら帰ったのをよく覚えています。



飛び込みで行った歯医者さんも丁寧に話を聞いてくださり

他の歯医者さんまで紹介してくれる始末。

友人が紹介してくれたお店やスクールにも掲載を快諾してもらい、

暖かい人たちに触れながら営業のトラウマが少しずつ薄れていきました。



創刊号からずっと掲載をしてくださっているクライアントさんや

自分の職場やこどもの習い事先にぷぺぽをお勧めしてくれる読者さんまでいて

なんとありがたいことかと、日々かみしめています。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぷぺぽ誕生秘話 発行編

そんなこんなでようやくぷぺぽ創刊号が完成しました。 発行部数はわずか500冊。 これでも勇気がいりました。 そんなに見てくれるひとがいるだろうか… 広告を出してくれたクライアントさんや友人たちに完成した冊子を見せると みんな一様に「思ったよりちゃんとしてる」と言っていました(笑) そう、みんなそんなちゃんと冊子になってると思っていなかったのです。 もっとペラペラだと思っていたようで、いい意味で裏切

ぷぺぽ誕生秘話 LINE編

フリーマガジンを作ると決めたものの、周囲になかなか言い出せずにいました。 でも、情報発信していこうとしてるんだからそんなんじゃだめだ! と意を決して周囲のママたちに告知することにしました。 まずはLINE@(現在の公式LINE)のアカウントを作成し、 それを登録してもらうことに。 はがきサイズのPOPを作り、みんなに配りながら説明しました。 (ぷぺぽの公式ラインよかったら登録してね) フリーマガジ

ぷぺぽ誕生秘話 特集編

名前が決まりデザインもできてきて、次に取り掛かったのが特集でした。 ぷぺぽは毎回違うテーマの巻頭特集をお届けしていますが 最初の特集は『公園』。 なぜ公園だったのか。 身近な公園はネットで出てこないからです。 休日に家族で行く大きな公園ではなく、平日の昼間にちょっと遊びに行く公園。 トイレはあるかな?駐車場はあるかな?帰りにスーパーに寄れると助かるな。 そんな私のママとしての日常から企画しました。