• ぷぺぽ編集長

ぷぺぽ誕生秘話 ネーミング編

フリーマガジンを作ろうと思い立ったのが2016年の冬。


まず取り掛かったのはずっと触っていなかった編集ソフトをいじってみること。

10年ほど経っていたので仕様がまったく別物で焦ります。


なんとかデザインができるようになってきたところで

ネーミングを考え始めました。


こどもの頭文字を取ろうかなぁ

意味のある外国語にしようかなぁ


というところから始まり、


かわいい名前がいいな。

ひらがながいい。

ぱぴぷぺぽがつくと響きもかわいいな。


ぱぴぷ?

ぱぷぽ?

ぷぺぽ?

…ぷぺぽ!!!


という流れです。

よく意味は?と聞かれますが、残念ながら意味は一切ありません。

聞かれる度に申し訳ない気持ちになってしまいますが、ありません。


この名前にしてよかったな~と思っていますが

唯一残念なのは、初めましての電話では「ぷぺぽです」と言っても聞き取っていただけないこと。

このやり取りはなかなか恥ずかしいものがあります。


でもこどもたちが思わず口に出したくなるネーミングで、これ以外にはありえなかったと思っています。



閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

そんなこんなでようやくぷぺぽ創刊号が完成しました。 発行部数はわずか500冊。 これでも勇気がいりました。 そんなに見てくれるひとがいるだろうか… 広告を出してくれたクライアントさんや友人たちに完成した冊子を見せると みんな一様に「思ったよりちゃんとしてる」と言っていました(笑) そう、みんなそんなちゃんと冊子になってると思っていなかったのです。 もっとペラペラだと思っていたようで、いい意味で裏切

フリーマガジンは何で収益を得るかというと、広告です。 紙面に広告を出す代わりに広告費をいただくのです。 創刊号は自費で印刷するつもりでしたが、 次回以降広告をいただこうと思うと、創刊号にも広告を載せて 広告はこんな感じですよというイメージを持ってもらわなければなりません。 そこで、大の苦手である営業をしなければならないことに。 でも待てよ。 まだ創刊もしていない、名もないいち主婦が作ると言っている

フリーマガジンを作ると決めたものの、周囲になかなか言い出せずにいました。 でも、情報発信していこうとしてるんだからそんなんじゃだめだ! と意を決して周囲のママたちに告知することにしました。 まずはLINE@(現在の公式LINE)のアカウントを作成し、 それを登録してもらうことに。 はがきサイズのPOPを作り、みんなに配りながら説明しました。 (ぷぺぽの公式ラインよかったら登録してね) フリーマガジ