• ぷぺぽ編集長

ぷぺぽ誕生秘話2

今回は、なぜフリーマガジンを思いついたかというところからお話しようと思います。


あれは2016年の秋、前回登場した友人たちとのLINEがきっかけでした。

七五三シーズンになり


「両親を連れてちょっといいところに食事に行きたいんだけど、いいところ知らない?」という友人の投げかけに対して、

「こんなところあるよ」「あそこはどう?」と出るわ出るわ…

しかも知らないお店ばっかり!


みんなの情報に感服するだけの私でしたが

この貴重な情報、このまま消えちゃうのもったいないな~

と漠然と感じていました。



子連れで行くお店を探すとき、ネットで検索するママが大半だと思うのですが

意外とドンピシャなお店って出てこないんですよね。

それに比べて身近なママたちからの情報は確実。

そうそう、それが知りたかった!ということをちゃんと教えてくれます。



ちょうどその頃、パートにでも出ようと仕事を探していた時にでもありました。

仕事を選べば条件が合わず、条件で選べば仕事に興味が持てず。


悶々とする日々の中で、あのLINEのやりとりが思い返されました。

こういうことって、私たちだけじゃなくて他のママたちも知りたいはずなのにな~

なんて考えていたある日、ふと舞い降りたのです。



フリーマガジンで発信できるんじゃね?



なぜそんな案が舞い降りたのかは次回で。







16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぷぺぽ誕生秘話 発行編

そんなこんなでようやくぷぺぽ創刊号が完成しました。 発行部数はわずか500冊。 これでも勇気がいりました。 そんなに見てくれるひとがいるだろうか… 広告を出してくれたクライアントさんや友人たちに完成した冊子を見せると みんな一様に「思ったよりちゃんとしてる」と言っていました(笑) そう、みんなそんなちゃんと冊子になってると思っていなかったのです。 もっとペラペラだと思っていたようで、いい意味で裏切

ぷぺぽ誕生秘話 営業編

フリーマガジンは何で収益を得るかというと、広告です。 紙面に広告を出す代わりに広告費をいただくのです。 創刊号は自費で印刷するつもりでしたが、 次回以降広告をいただこうと思うと、創刊号にも広告を載せて 広告はこんな感じですよというイメージを持ってもらわなければなりません。 そこで、大の苦手である営業をしなければならないことに。 でも待てよ。 まだ創刊もしていない、名もないいち主婦が作ると言っている

ぷぺぽ誕生秘話 LINE編

フリーマガジンを作ると決めたものの、周囲になかなか言い出せずにいました。 でも、情報発信していこうとしてるんだからそんなんじゃだめだ! と意を決して周囲のママたちに告知することにしました。 まずはLINE@(現在の公式LINE)のアカウントを作成し、 それを登録してもらうことに。 はがきサイズのPOPを作り、みんなに配りながら説明しました。 (ぷぺぽの公式ラインよかったら登録してね) フリーマガジ

  • Facebook
  • Instagram
日進市子育て応援マガジン
​ぷぺぽ

copyright © pupepo All Rights Reserved.